ビーバー脱出大作戦!歯列矯正ブログ

イラストレーターの佐川ヤスコが列矯正の日々を綴ってゆきます。

矯正をはじめようと思ったきっかけ1

f:id:hanokyosei:20161130133251j:plain 

まずはじめに、私がなぜ歯列矯正をはじめようと思ったか?からお話します。

 

以前、10年以上長く通っていた、“前の前の歯医者さんの時代に、

左下の奥歯を抜かれてしまい、更地になっているところがあります。

そこを、激痛で飛び込んだ、“地元の歯医者さんに、たびたび
「はやくインプラントかブリッジにしたほうがいいですよ」と

指摘されていたのです。

インプラントは、怖いし・・・。

でも、ブリッジで、隣同士の健康な歯を、
削ってかぶせもので合体させるっていうのも、どうなんだろう・・・

 

そのうち、

何年も前から気になっていた、

「右下の2番が、前に出て来続けている気がする」ことを聞いてみると、

それは矯正しかないです、とのお答え。

 

ん〜

 

たしかに、どっちも、なんとかしないといけないのは分かっている。
でも、下側に、欠損と、出て来てる歯があるけど、

どっちから治せば良いんだろう?!

それに、この先生はとてもブリッジを勧めるけど、それが最良の案なのかなぁ。

3本の歯がくっつくって、すごく窮屈な気がするし・・・と、

いろいろがぐるぐる・・・

 

でも、どうせやるなら大工事だし、信頼できる先生がいい。

他の先生の話も聞いてみたいし、ちょっと、行ってこよう!

 

と、知人のインプラント専門の歯医者さんのところへ向かったのが、

すべてのはじまりなのでした。

 

思い返せばこの時点では、矯正するつもりなんて、全く無かったのです。

 

 

つづく

 

 

<おまけのはなし>

激痛でかけこんで治療してもらった“地元の歯医者さん曰く、長年通っていた、前の前の歯医者さんの技術が、ちょっと・・・だったらしく、私の口の中は、ずいぶん旧式なコトになっていた模様。もしかしたら、下奥の抜かれちゃった歯も、処置によっては抜かなくてもよかったかも・・・しれない・・・雰囲気でした・・・(涙)。医療については、なじみのところ、という理由だけで通い続けるのではなく、最新のものを追いかけることも必要なんだな、という学びでした。今となってはもう仕方の無いことなんですけどね・・・。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イラストレータ佐川ヤスコ 

佐川ヤスコHP http://sagawayasuko.com
このブログで使用しているイラストは全てこちらで購入できます
ラインスタンプ、全5種発売中!